05. 9月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 結婚

三十年前の日本は、現在の若者には想像もできない程、貧しく、子供の数も多かった。
特別すぐれた才能を持ち、将来に対しての明確な目的(医師・教師・弁護士・薬剤師などの資格)が親の希望に合致し、経済的に余裕のある階層の女性のみが「幸運」にも大学に進学できたのである。
大学で結婚相手にめぐり合う例も多かっただろうが、結婚相手を探すのが唯一の目的で大学に進む女性は少なかった。
親に負担をかけているという自覚があり、早く一人前の専門家になろうという意欲が、その頃の女子学生には強かったものである。
とくに四年制大学を卒業した女性は、社会的にも、指導者になるよう期待されて就職した。
彼女たちは、社会的使命感を背負っていたので結婚しても即退職したりしないで、苦労しながら家庭と仕事を両立させるべくがんばったのである。昔は、貧しかった親たちが老後を見てもらうのは経済力のある「息子」で、おとなしい嫁をもらって、親子が同居し、孫と三世代一緒に暮らすというのが一般的だった。
しかし、経済的に豊かになり、子供の数も極端に少なくなった現在、女の子に対する親の考え方や期待は大きく変化した。親自身に経済力や資産がある場合、嫁と姑の争いをしながら息子と同居しなければならない必然性はなくなる。娘と仲良く暮らす方が楽しいし、老後も財産があれば娘に肩身の狭い思いをしないで世話になれる。
他人の家へ嫁がせるのではなく、自分と暮らす可能性の高い娘に充分な教育を受けさせ、何不自由なく過ごさせる親がふえはじめたのである。
親の世代では、一部の「幸運な」女性しか進学できなかった大学へ自分の娘を行かせることで、親自身も娘ともども「グレード・アップ」したと感じ、娘には一流大学卒、一流会社勤務の結婚相手がふさわしいと思いこんでしまうのである。
ステータスばかり気にしていると良い出会いには巡り合いません。

参考:
相互リンク開く

05. 9月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 結婚

気楽に食べられた好況期なら雇用はありますから、「生きがい」を求めて仕事を変えたり、「生きがい」が見つかるまで就職を先延ばしすることもまだ可能でした。しかし、これからは、かつてのような大きな経済成長期が再び到来することは難しいかもしれません。飢えるというところまではいかないかもしれませんが、これからの男女はともに、「食べる」ということに、それなりのエネルギーを注いでいかなければならないのです。それでも、一度「食べられて当然」の社会を体験した人々にとって、「食べていける」「食わしてやっている」はもはや輝かしい価値ではなくなっています。「確実に食べられる」基盤はあやしくなりつつあるのに、「生きがい」も満たさねばならない、というアクロバット技をこなしていかねばならない時代に、私たちは入りつつあるのです。その場合の選択としては、お金を稼ぐ仕事は本当に好きな仕事(ライフワーク)のための資金づくり、と割り切って、どんな仕事であってもより好みせずに、精力的にこなしていくことでしょう。結婚には逃げられず、かといって、仕事の選択の幅は狭まるばかり、という時代には、「関心が持てない仕事を続けていく」ための支えとして、「お金にはならないかもしれないが、自分にとって極めて意味があると思えるライフワーク」をみつけておくことです。「今の仕事は、別の大切な自分のための仕事の資金調達部門として重要な一角を占めているのだ」というはっきりした位置づけを与えておくことが、これからは必要になってくるのです。結婚前に相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

出典:
DY032_L

05. 9月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 結婚

こうした傾向が続けば、人々が食べることと、生きがいの両方を同時に満たしてくれる「やりがいのある仕事につきたい」と思い始めるのは、当然の道筋です。年配者からは、若者や女性の就職動向について「カタカナ仕事やみてくれのいい仕事ばかり追いかけ、汚れ仕事を嫌がる」と、しばしば批判が上がりますが、「食べること」がさほどの価値と思えなくなった世代にとっては、それも当然のことなのです。芸術家は、両立ができそうな仕事ですが、この中で「食べる」をきちんと満たせるのはごく一部です。すそ野には、食べられない芸術家の卵がひしめいています。それなら、月給をもらって安定した形をとりながら、「会社で芸術」をしたい、ということで人気が出たのが「クリエーター」系の仕事です。「企業の広報担当になって、広告芸術や編集に参加したい」などという人が、バブルの時代には若者の間で急増しました。ただ、現実の広報のお仕事は、「オタクの会社の不祥事、取材したいんだけど」とすごんでくる記者をなだめたり、横柄な記者に頭を下げて「ウチの新製品の記事、何とか書いて下さいよ」と頼みこんだり、むしろ事務職以上に美的でない汚れ仕事の方が多いこともあったのでした。それがだめなら、せめて美的な職場で、見た目だけでも美しく仕事がしたいというつましい美の信仰者もいました。大手企業の美しいオフィスに座って、素敵な制服、またはブランドものの衣服を着て、自分を演出したいという願望がそれです。ところがこうした大手企業は、多くの場合、内実は女性への結婚退職の強要や男性同士のポスト争いなど、美とはほど遠い弱肉強食、獣の蹴り合いの世界が繰り広げられていました。恋愛と結婚は違うところが多いですので、出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。

出典:
DY047_L

05. 9月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 結婚

これからの社会では、女性の「生きがい」の方向性は次の二つに大きく振れていく、と考えられます。ひとつは、「お金は、あくまでお金にならない別のことのための手段で、関心の中心は、お金にならないことの方に向いている」。もう一つは、「お金以外のことが大切なのはいうまでもないけれど、世の中やっぱりお金だし、生きがいはお金を稼ぐことにある、または、お金を増やしていく過程の喜びにある」です。これまでは、少なくとも団塊の世代ぐらいまでは、男女とも、「働くこと」「食べていけること」そのものに価値の中心があったといえます。「まず食べられて人並みの暮らしができればそれでいい」という漠然とした目標が満たされていれば、「生きがい」や「目標」にさほど思い悩むこともなかったのです。第二次大戦後、日本の多くの人々は、生きがいより、「食べるため」を最優先に働いてきました。戦争と敗戦で「食べられなかった時代」を体験した世代にとっては、「食べていける」ことは、何にもまして大きな価値だったからです。ところが最近になって、「食べられる」ことはかなりの程度達成され、人々は、「何のために食べるのか」について、さかんに頭を悩まし始めました。女性は、男性に比べて働く条件が不備で、雇用も少なく、「一人で食べていける」かどうかとなるとまだまだあやしいのは確かです。ただ、女性もまた、「食べるに困らない親」のもとで育ち、こうした親のもとから、結婚して「食べるに困らない夫」のもとへ移動し、家事や育児と引き換えに夫の収入の一部を割り戻してもらう方法で、「食べていける」水準を達成した、といえるでしょう。まず相手がいないと、何もできないので、相手を探してください。

参考:
DY026_L

05. 9月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 結婚

「正札」は高くつける
明確な目的意識を持たず、ただただ条件の良い結婚相手をつかまえるために大学に行き、一流会社へ就職した女性が、理想の王子様にめぐり合い、シンデレラの靴をはくことになれば、何もいうことはない。
このような、「幸せ」を絵にかいたような結婚をした女性も、確かに存在するだろう。
(結婚は出発点にすぎない。問題は持続している生活の中味にあるなどと野暮なことはこの際いわない)
しかし、シンデレラ願望・玉の輿願望が根強くあるにもかかわらず、日本では女性が、出身階層より数段上の上流社会へ嫁ぐ例はもともと少なかった。
大阪商人がやり手の番頭を娘の婿養子にして身代を継がせるとか、家の貧しい学生を「害生」として面倒を見て、立身出世させ、娘を嫁がせるなどという男の玉の輿のほうが、伝統的に多いパターンなのだ。出会いはたくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

これまでの章では、女性の「働き方」を中心に予測してきました。すでにおわかりと思いますが、「働き方」とは、すなわち生活資金を得るための様々なタイプの方法のことです。でも、ここまできて、ちょっと疑問に思った人もいるかもしれません。食べていくためのお金や、そのお金を稼ぐための方法を選ぶことは必要だけど、お金はあくまでも手段。肝心なのは、その手段を使って何をするか、じゃないのlと。その通りです。お金は、生きがいの大前提となる重要な「手段」ではありますが、「目的」ではありません。生活を立てる方法がこれからどう変わっていくかが女性の人生の横軸とすれば、「生きがい」がどう変わっていくかは、その縦軸ともいえます。

参考:
DY041_L

22. 5月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 結婚

ゾウリムシの生殖が分裂によることは知るひとも多いとおもいますが、ゾウリムシの一種を観察してわかったことは、ゾウリムシもまた有性生殖をおこなうということでした。分裂によって増殖するものが、どうして有性生殖であることになるのか。
じつは、ゾウリムシは、分裂するまえに別の個体と接合して、相互の核の一部を交換し合うのです。この、二つの個体(配偶子)の接合が生殖を可能にすることが、それを有性生殖のなかに分類させるのです。
アメリカのウッドラフというひとは、ある種のゾウリムシが一個体だけで一万五三○○代まで分裂をつづけたことを、二五年間にわたって観察した結果として報告しましたが、その説によると、このゾウリムシは二個体のあいだにおこなわれる接合が、一個体内で起こる(エンドミクシス-内混という)とされていますが、その報告の真否はとにかく、二つの個体が接合して核を交換することで生殖力を強めるということは、どういう意味をもっているのでしょうか。
生殖が、生命ないし種の維持を可能にする方法であることはさきにいったとおりですが、有性生殖における配偶子接合が、それを可能にする何らかの情報ないしエネルギーを、交換しあう機能として生物によっておこなわれるのだ、と考えることができないでしょうか。
つまり、単純な分裂による生殖に、ある限界がきたときにも、有性生殖のはたらきによって、生命ないし種が維持されることが可能となったのだ、と考えられるのです。
相性が合う結婚相手をみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。
世代交番といわれる生殖の形態が、そのことをよくあらわしています。これは、一定の世代は無配偶子生殖をおこない、ある時期がくると配偶子生殖をおこなって、生殖力を回復する、ということをくりかえすのです。

参考:結婚相談所 比較

24. 3月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 出会い

モテ女は自分の方から男性をリードする。これ、本当のことです。男女の関係において、何でもかんでも男性がリードするものだと思うのは、もはや通用しません。
そんなことを言っていると、いつまでたってもモテ女になれません。あなたを脅かしているわけではありません。事実を言ってるだけなのです。
男女が均等なのは仕事だけにかぎったことではありません。恋愛関係だって男女均等なのです。
モテ女になるには、セックスに関する偏見をいっさい捨てることです。偏見とは以下のことです。
処女でなければならない。男の誘いにかんたんにのってはならない。さいしょはキスだけにしろ。受け身でいろ。イヤよイヤよも好きのうち。
セックスのとき積極的になってはいけない。など、いろいろと言われてきましたが、どれも正しいとは言えません。それぞれこの逆だと思ってください。
いろいろなタイプの男性がおります。

拒んでばかりいると、男が近寄ってこなくなる
「イヤよイヤよも好きのうち」とはむかしの言葉であって、残念ながら、現代では通用しません。
もし、実際にそうやって拒んでいると、男はどう思うのか?彼はイヤというのを本気だと思うでしょう。イヤを、その言葉どおりに受け取ってしまいます。
なぜなら‘現代の若い男たちは、「イヤよイヤよも好きのうち」などという言葉を知りません。だから、言われたそのまんまだと解釈します。
セックスを一度は断るのが礼儀というのは、決して今的な考えとは言えません。そして、セックスを断らなかったから、「この女は軽い」とも男は思いません。
軽いどころか、とても素直な女性だと評価が高くなります。また、断ってばかりいると、自然に「断りオーラ」が体から出るようになります。
「わたしは拒みます」と言ってるのが、男たちには鋭く感じられてしまうのです。そんな女性を男たちは、あっさりとパスします。
セックスは恋愛の一部です。その一部がないのは、恋愛とは呼べないのです。つまり、セックスは恋愛とワンセットになっています。
それなのに、セックスはイヤというのは、男からしたらムシのよすぎる話なのです。セックスは男だけの楽しみというまちがった考えの女性もいます。
じゃあ、あなたはセックスを楽しまないのですか?と僕は聞きたくなります。女性はセックスの被害者なのですか?とも。
そんなことはありません。セックスに関しては、男と女は同格です。同格とは、立場が同じだという意味です。
暴力的なレイプと普通のセックスを混同している女性もいるようです。そもそもそこからしてまちがっています。
そうした考え方を早いところ止めないと、モテ女への道ははるか遠いものになるでしょう。

参考:出会いがない 社会人

24. 3月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 出会い

以下を読んで出会った方に試してみましょう。
●男の器は、いっしょに外へ出かけたときにわかります。
お店の人などに対する態度や、言葉づかいはどうですか?それが相手の本性ですから、きちんと見ぬきましょう。
●ダメ男の見わけ方①
夢のようなことを熱心にしゃべる男は、実は根性がありません。ロマンには向いていても、実社会では生きていけないでしょう。
●ダメ男の見わけ方②
女性を道具としてしか見ない男がいます。たとえば、会えばセックスばかりしたがったり、女性より自分が大好きなナルシシストなど。
そんな男とつきあっても、モテたとは言えないでしょう。
●ダメ男の見わけ方③
何かと理由をつけて、お金を引き出そうとする男は、ヒモになる可能性が高いでしょう。そんな相手の面倒を、一生見る覚悟はありますか?
●ダメ男の見わけ方④
レストランで、なかなかメニューを決められない男は、依存症の傾向があります。何でも言いなりになりますが、やがてその頼りなさにあきれるでしょう。
●ダメ男の見わけ方⑤
「強い男」とは、ケンカが強いなどの、暴力的な男ではありません。意志の強い男が、本物の「強い男」です。
●ダメ男の見わけ方⑥
理屈をこれるだけの男は、いざというとき役に立ちません。信用できるのは、たとえば、ストレートに「寝たい」と言える男です。
●ダメ男の見わけ方⑦
言葉がスラスラ出てきたり、調子のいいことばかり言う男は、たぶんウソつきです。その男を知っている人に、確かめてみましょう。
●ダメ男の見わけ方⑧
すぐ怒り出したり、異常に嫉妬する男には、会話中、それとなくカマをかけてみましょう。本心をしゃべりだすはずですから、プライドがへんに高いことがわかります。
●ダメ男の見わけ方⑨
1回に使うお金が少額でも、ずっと大切にできるような物を買わない男は、出世しません。生きたお金の使い方ができない証拠です。

参考:

24. 3月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 出会い

男の器(うつわ)とは、その男にどれほどの能力があるかということ。能力のある男を、器の大きい男と言います。
器は別の言葉では器量です。ちょっとむずかしいですか?だったら、知ったかぶりをするかしないかだと思ってください。
器の小さい男ほど知ったかぶりをします。本当はよく知らないのに、知っているふりをするのが知ったかぶりです。
そういう男とつきあっても、あなたのプラスにはなりません。

ブティックでもレストランでもいいから、男性といっしょに行って、彼がお店の人とどういう会話をするかで、彼の器が大きいか小さいかがわかります。
お店にいる人は専門家です。その専門家にちゃんと質問できる男なら合格です。
反対に、何も聞かずに全部自分で判断しようとする男は失格です。「知らないことは知らない」と、どうどうと言える男がいい。
それを隠して知っているふりをするのはダメな男です。僕はこれまでにも自分の本の中で書きました。
知っているかどうかが問題ではない。知らなくても感じられるかどうかだ、と。
つまり、その商品のブランド名は知らなくても、それがいいものだと感じられればいいのです。
名前なんてどうでもいい。たとえば、そのワインがおいしいとわかればいいのです。
彼女たちは、社会的使命感を背負っていたので結婚しても即退職したりしないで、苦労しながら家庭と仕事を両立させるべくがんばったのである。
昔は、貧しかった親たちが老後を見てもらうのは経済力のある「息子」で、おとなしい嫁をもらって、親子が同居し、孫と三世代一緒に暮らすというのが一般的だった。


参考:サクラいない 出会い系

24. 3月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 結婚

昔、女性の「玉の輿」という場合は、側室とか、妾とかが通り相場だった。現代でも正式に結婚して「玉の輿」に乗るのはやはりむずかしいことである。
なぜなら、大多数の中流の女性が希望する上流社会の優秀な男性は、まず同じ上流社会の女性が選んでしまう。
そして、上流の彼女たちは、優秀な中流の男性をもターゲットにしてしまうからなのだ。
短大卒の中流女性が、相手の男性が「高卒」ときいただけで、相手に会うこともしないで断るというのに比べれば、上流女性の許容範囲は数倍も広い。
中流の母娘が強い「上昇志向」を持っているのに対して、上流のお嬢様に「上昇志向」はないから、より自由でいられるわけである。
しかし、人生の最終目的が「良い結婚」と信じている母と娘にとって、格下げの男性と結婚するくらいなら、結婚しない方がマシということになる。
若いうちに、出来るだけ高い正札をつけて、絶対に値引きしないで売ることに全力を投入する。
「箔(はく) 」を付けるための外国留学も、身の周りをブランド商品で飾り立てることも、母娘の「結婚大作戦」にとって必要なのだ。

娘に夢を既す親たち
彼女たちが生まれ育った昭和三十年代後半から、日本は「高度経済成長期」に入り、収入は飛躍的に増え、全体的に高い生活水準を享受できるようになった。
しかし、オイルショック後の昭和五十年代になると、日本経済は低成長に入り、社会的には成熟期に入った。
お祭りさわぎのような活気が失われた反面、落ち着きが生まれたが、一方では国民が抱かされた「豊かな将来」への夢が無残にも打ちくだかれた時期でもあった。

出典:結婚相談所 選び方