24. 3月 2014 · お店の人との会話でわかる男の器量 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 出会い

男の器(うつわ)とは、その男にどれほどの能力があるかということ。能力のある男を、器の大きい男と言います。
器は別の言葉では器量です。ちょっとむずかしいですか?だったら、知ったかぶりをするかしないかだと思ってください。
器の小さい男ほど知ったかぶりをします。本当はよく知らないのに、知っているふりをするのが知ったかぶりです。
そういう男とつきあっても、あなたのプラスにはなりません。

ブティックでもレストランでもいいから、男性といっしょに行って、彼がお店の人とどういう会話をするかで、彼の器が大きいか小さいかがわかります。
お店にいる人は専門家です。その専門家にちゃんと質問できる男なら合格です。
反対に、何も聞かずに全部自分で判断しようとする男は失格です。「知らないことは知らない」と、どうどうと言える男がいい。
それを隠して知っているふりをするのはダメな男です。僕はこれまでにも自分の本の中で書きました。
知っているかどうかが問題ではない。知らなくても感じられるかどうかだ、と。
つまり、その商品のブランド名は知らなくても、それがいいものだと感じられればいいのです。
名前なんてどうでもいい。たとえば、そのワインがおいしいとわかればいいのです。
彼女たちは、社会的使命感を背負っていたので結婚しても即退職したりしないで、苦労しながら家庭と仕事を両立させるべくがんばったのである。
昔は、貧しかった親たちが老後を見てもらうのは経済力のある「息子」で、おとなしい嫁をもらって、親子が同居し、孫と三世代一緒に暮らすというのが一般的だった。


参考:

Comments closed.