24. 3月 2014 · エッチな雰囲気をつくるのはむしろ女性の役目 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 出会い

モテ女は自分の方から男性をリードする。これ、本当のことです。男女の関係において、何でもかんでも男性がリードするものだと思うのは、もはや通用しません。
そんなことを言っていると、いつまでたってもモテ女になれません。あなたを脅かしているわけではありません。事実を言ってるだけなのです。
男女が均等なのは仕事だけにかぎったことではありません。恋愛関係だって男女均等なのです。
モテ女になるには、セックスに関する偏見をいっさい捨てることです。偏見とは以下のことです。
処女でなければならない。男の誘いにかんたんにのってはならない。さいしょはキスだけにしろ。受け身でいろ。イヤよイヤよも好きのうち。
セックスのとき積極的になってはいけない。など、いろいろと言われてきましたが、どれも正しいとは言えません。それぞれこの逆だと思ってください。
いろいろなタイプの男性がおります。

拒んでばかりいると、男が近寄ってこなくなる
「イヤよイヤよも好きのうち」とはむかしの言葉であって、残念ながら、現代では通用しません。
もし、実際にそうやって拒んでいると、男はどう思うのか?彼はイヤというのを本気だと思うでしょう。イヤを、その言葉どおりに受け取ってしまいます。
なぜなら‘現代の若い男たちは、「イヤよイヤよも好きのうち」などという言葉を知りません。だから、言われたそのまんまだと解釈します。
セックスを一度は断るのが礼儀というのは、決して今的な考えとは言えません。そして、セックスを断らなかったから、「この女は軽い」とも男は思いません。
軽いどころか、とても素直な女性だと評価が高くなります。また、断ってばかりいると、自然に「断りオーラ」が体から出るようになります。
「わたしは拒みます」と言ってるのが、男たちには鋭く感じられてしまうのです。そんな女性を男たちは、あっさりとパスします。
セックスは恋愛の一部です。その一部がないのは、恋愛とは呼べないのです。つまり、セックスは恋愛とワンセットになっています。
それなのに、セックスはイヤというのは、男からしたらムシのよすぎる話なのです。セックスは男だけの楽しみというまちがった考えの女性もいます。
じゃあ、あなたはセックスを楽しまないのですか?と僕は聞きたくなります。女性はセックスの被害者なのですか?とも。
そんなことはありません。セックスに関しては、男と女は同格です。同格とは、立場が同じだという意味です。
暴力的なレイプと普通のセックスを混同している女性もいるようです。そもそもそこからしてまちがっています。
そうした考え方を早いところ止めないと、モテ女への道ははるか遠いものになるでしょう。

参考:

Comments closed.