05. 9月 2014 · 玉の輿の今昔 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 結婚

三十年前の日本は、現在の若者には想像もできない程、貧しく、子供の数も多かった。
特別すぐれた才能を持ち、将来に対しての明確な目的(医師・教師・弁護士・薬剤師などの資格)が親の希望に合致し、経済的に余裕のある階層の女性のみが「幸運」にも大学に進学できたのである。
大学で結婚相手にめぐり合う例も多かっただろうが、結婚相手を探すのが唯一の目的で大学に進む女性は少なかった。
親に負担をかけているという自覚があり、早く一人前の専門家になろうという意欲が、その頃の女子学生には強かったものである。
とくに四年制大学を卒業した女性は、社会的にも、指導者になるよう期待されて就職した。
彼女たちは、社会的使命感を背負っていたので結婚しても即退職したりしないで、苦労しながら家庭と仕事を両立させるべくがんばったのである。昔は、貧しかった親たちが老後を見てもらうのは経済力のある「息子」で、おとなしい嫁をもらって、親子が同居し、孫と三世代一緒に暮らすというのが一般的だった。
しかし、経済的に豊かになり、子供の数も極端に少なくなった現在、女の子に対する親の考え方や期待は大きく変化した。親自身に経済力や資産がある場合、嫁と姑の争いをしながら息子と同居しなければならない必然性はなくなる。娘と仲良く暮らす方が楽しいし、老後も財産があれば娘に肩身の狭い思いをしないで世話になれる。
他人の家へ嫁がせるのではなく、自分と暮らす可能性の高い娘に充分な教育を受けさせ、何不自由なく過ごさせる親がふえはじめたのである。
親の世代では、一部の「幸運な」女性しか進学できなかった大学へ自分の娘を行かせることで、親自身も娘ともども「グレード・アップ」したと感じ、娘には一流大学卒、一流会社勤務の結婚相手がふさわしいと思いこんでしまうのである。
ステータスばかり気にしていると良い出会いには巡り合いません。

参考:出会い アプリ
相互リンク開く

Comments closed.